全体セミナーマップ

セミナーマップ 目論見セミナー 抽象化トレーニング アーキテクト育成[ものづくり] アーキテクト育成[ことづくり] アーキテクチャ設計実践 アーキテクチャ設計ひとめぐり 組込み·IoTアジャイル開発技法 設計ブリッジ技法 レビュー技法 オブジェクト指向モデリング アーキテクチャ改善 構造化モデリング[静的] 構造化モデリング[動的] 設計図活用 テスト技法 並行性の設計実装 いまさら聞けない 凝集度と結合度 リバース設計 リファクタリング 設計思考基礎 いまさら聞けない設計技法 分析ドリル 設計ドリル C言語伝わる!コーディング 製品セキュリティ脅威分析と対策設計 C言語セキュアコーディング プロダクトライン開発技法 IoT計測アプリ設計 部品化リファクタリング

 

設計力向上セミナーの狙いと構成

いきなりソースコードを追いかけるコード中心開発から、まず設計図を見る設計中心開発への体質変換を目指しています。

設計力向上を計画的に実施する

 

左下:新人/2年目から、まずは設計図を見る習慣づけ

中央:経験を少し積んだ時点で、きちんとした設計技法と実践を合わせ込む

右上:設計図を用いて、設計意図を伝達できるアーキテクトへと成長

②ソースコードを起点として、ソフトウエアの資産価値を向上させる

 

右下:日々のプログラミング作業時に、リバースモデリング(リファクタリングして、コードから設計図を作る)をすることで、徐々に設計中心開発へと変革を実現する

右上:ソースコードを起点として、アーキテクチャを図面化し、アーキテクチャを改善しながら、部品化再利用/プロダクトライン開発ができるソフトウェア資産を作る

アーキテクトとして活躍する基盤スキルを強化する

 

アーキテクトとして、経営とテクノロジをつなぐ為に、次の3つのスキルを強化する

  1. ビジネスを見据える力 ⇒目的目標セミナー
  2. 本質を捉える力 1⇒抽象化トレーニング
  3. 相手に伝える力 ⇒ロジカルシンキング

 

経験年数と主要セミナーの目安

経験年数と主要セミナーの目安