構造化モデリング[静的]

概要
本講座は、上流工程での分析・設計の図面化について、演習を通して理解・習得していただくことを目的としています。
要求、分析、設計の各工程ごとに、モデル化の視点を明確にして、図面作成を行います。
少人数グループで、図面を介したディスカッションを行い、一通りの設計図を完成させて、それを発表します。
コース詳細
到達目標 設計の基本となる、設計原則と設計品質を理解します
1. 設計原則:複雑な対象を管理できる単位に分解して、構造的に表現することができます。
2. 設計品質:図面の品質を、客観的に判断できる指標で、レビューすることができます。
3. 図面化:表記法に基づく、シンプルで厳密なモデル化を行うことができます。
対象 2年目以上のソフトウェアエンジニア、リーダー、特に、以下のような問題を抱えている方にお勧めです
・ ソースコードしか設計資料がなくてお困りの方
・ 既存ソフトウェアの品質を上げたい方
・ ソフトウェア設計技法の導入を検討している方
・ オフショア拠点とのギャップを低減したい方
特徴 各工程ごとに、視点を変えて図面化します
 要求モデルは「価値(VALUE)」
 分析モデルは「なにを(WHAT)」
 設計モデルは「どのように(HOW)」
設計モデル(ファイル構造図、タスク構造図)に関しては、UML2.0の表記法を用います。
チームごとに、模造紙に書いて、設計意図をプレゼンテーションします。
演習形式 個人演習:紙と鉛筆による図面の筆記。
グループ演習:図面を介したコミュニケーション。
前提 C言語での開発経験のある方
内容 【1日目】
1. モデリングとは
2. 要求モデリング
 ・イベントリスト
 ・コンテキスト図
 ・データ辞書
3. 分析モデリング
 ・データフロー図
 ・状態遷移図
【2日目】
4. 設計モデリング
 ・モジュール構造図
 ・ファイル構造図
5. 動的な構造設計
 ・タスク構造図
6. 設計品質
 ・凝集度、結合度
7. 発表会
場所 オープン:新横浜会場
     大阪梅田会場
オンサイト:ご指定の場所
定員 12名
時間 6時間 (オープンセミナーの場合は10:00~17:00)
受講者の声 ・作業の大半が改修、移植のため、あまり上流工程(業務)がないが、自己流での作業に問題があることが分かった。
・社内においてプロセスは確立しているものの、手法については、個人の経験に依存する所が多い。
手法についても、共通の認識が得られるきっかけになると思う。
・DFDやモジュール構造図を作成することで、プロセス間の依存関係がはっきりして、品質、メンテナンスの向上が期待できると思う。
・改修など、一部の機能追加の業務であっても、今回セミナーで学んだことを活用できると思いました。
・要求仕様からどのように設計すれば良いかが、順を追って何故、こうしたか?が分かるようになる、とても良いものだと思いました。