ステークホルダ分析

概要
経営(事業)と技術を繋ぐアーキテクトとして、向かうべきゴールとそこに至るマイルストーンを明確にする流れを習得します。
コース詳細
到達目標 (1) 複数ステークホルダの意見を獲得し、目的目標として定義できる
(2) WHATとHOWを分離して考えることができる
(3) 図表化することで、他の人に説明しやすいドキュメントを作ることが出来る
特徴 個人演習およびグループディスカッションを通して実践します。
・ステークホルダ分析
・要求開発での方向付け
・インパクト分析
・目的と目標の記述
・目的目標の妥当性のレビュー
・ステークホルダへの提案
内容 1.ステークホルダ分析
2.要求獲得
3.機能要求の要求分析と要求定義
4.非機能要求の要求分析と要求定義
5.インパクト分析
6.目的と目上の記述
7.提案
場所 オープン:弊社セミナールーム(新横浜)
オンサイト:ご指定の場所
定員 12名
時間 6時間
(オープンセミナーの場合は新横浜開催 10:00~17:00 大阪梅田開催 9:30~16:30)