リファクタリング基礎

概要
C言語のソースコードの資産価値を高めるリファクタリングを学びます。
ソフトウェアの資産化が可能となり、生産性と品質を格段に上げることができます。
コース詳細
到達目標 1. 3つの粒度でリファクタリングができる。
 ・関数リファクタリング
 ・ファイルリファクタリング
 ・フォルダリファクタリング
2. リファクタリング結果を図面化できる。
3. ソースコードを設計品質の観点でレビューできる。
対象 C言語プログラミングの経験がある方
下記でお困りの方におすすめします
・設計図がなく、ソースコードだけで全体像が把握しきれない
・局所的な変更の積み重ねでソースコードが複雑化している。
特徴 3つの粒度 (関数/ファイル/フォルダ) のリファクタリング手順を習得できます。
演習では具体的なソースコードを使ってリファクタリングし、その結果を図面化します。実際の開発現場で活用できる方法を体験します。
内容 【午前】
1. ソフトウェアの資産化とは
・大規模化/在庫化/ソフトウェア疲労
・構造設計の基本
2. リファクタリングとは
・外部を変えずに内部を構造化
・変数を中心に機能を集める
3. 関数リファクタリング
・BOSSを作る
・レベル化
【午後】
4. ファイルリファクタリング
・同じ目的の変数ごとにファイル化
・単一方向依存
5. フォルダリファクタリング
・アーキテクチャの静的構造
・アンチパターン
6. 設計品質と設計規約
・高凝集/疎結合
・モジュール化/システム形状
7. コード中心から設計中心へ
・まず設計図を見る体質へ
・阻害要因は?
場所 オープン:弊社セミナールーム(新横浜)
オンサイト:ご指定の場所
定員 12名
時間 6時間
(オープンセミナーの場合は新横浜開催 10:00~17:00 大阪梅田開催 9:30~16:30)