設計ドリル

概要
設計の要点をドリル形式で確認します。
8個の問いで、設計品質向上のためのプログラミングを学びます。
コース詳細
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1. 設計図とソースコードを一体化して開発できる。
2. 設計図を設計品質の視点でレビュー出来る
※設計品質の視点とは、モジュール化/凝集度/結合度/システム形状
3. 保守性が高く、他の人に説明しやすいソースコードの作成ができる
特徴 ソースコードをリファクタリング/設計改善を施し構造図で表現します。
そして設計品質視点でコメント (レビューコメント) を作成します。
構造図及びコメントを採点することで、個人別の設計スキルを診断することが出来ます。
内容 【午前】
問1. フラットから構造化へ (図面化、良い構造パターンなど)
問2. ヘッダファイルの役割 (部品化・ファイル単位のインターフェース定義)
問3. 良い名称と悪い名称  (ファイル名、関数名、変数名・What名称とHow名称の違い)
問4. 同じ用語を重複させない(ファイル単位の責務分割・セマンティックシフト)
【午後】
問5. BOSS関数を作る   (レベル化して上下の利用関係を形成)
問6. 入口ひとつ出口ひとつ (ひとつの関数はひとつのreturnで)
問7. 同じレイヤーの粒度を揃える (同一レイヤーの均質性)
問8. 単方向依存   (レベル化の設計・双方向依存をなくす)