リ・アーキテクティング

概要
構造のリファクタリングでアーキテクチャ進化を実現します。

ソースコードを起点に、3つの粒度でリファクタリングした結果を図面で評価します。
フォルダ単位での大局的な構造をアーキテクチャとして、その改善点を列挙し、改善の施策を理解します。

さらに、ビジネスとテクノロジをつなぐアーキテクトの役割を理解します。
ソフトウェアを資産活用する「プラットフォーム化」と「プロダクトライン開発」の勘所も紹介します。
コース詳細
到達目標 1. 構造のリファクタリング結果を評価し改善できる
2. 視点が明確になり、レビューをより効果的効率的に進めることができる
3. アーキテクチャへの影響を見極め、アーキテクチャを進化させることができる
4. 設計構造を保つためのコーディング規約(実装ビュー)を制定できる
5. プラットフォーム化とプロダクトライン開発の勘所が分かる(2日間コースのみ)
対象 次のような課題を抱えるアーキテクトもしくは技術リーダ

1. リファクタリングして大局的な構造を改善したい
2. 構造設計の見方を理解し実践したい
3. アーキテクチャレベルで品質を上げたい
4. ソースコードが崩れないよう未然防止したい
5. ソフトウェア資産を活用したい(2日間コースのみ)
特徴 ソースコードを起点に全体像を把握して、戦略的な設計改善につなぐ手順を習得できます。
内容 1. はじめに:アーキテクチャ設計とは
 ・ソフトウェア疲労とリファクタリング
2. 構造設計のリファクタリング
 ・構造設計とは (構造設計の3要素: 箱と線と配置)
 ・関数のリファクタリング (レベル化)
 ・ファイルのリファクタリング (アーキテクチャテンプレート)
3. アーキテクチャの改善
 ・フォルダのリファクタリング
 ・静動分離のリファクタリング
4. アーキテクチャの進化
 ・アーキテクチャ・アンチパターン
 ・状態変数の設計
 ・実装ビューで劣化を未然防止
5. ビジネスへの補助線
 ・アーキテクトとは
 ・アーキテクチャへのインパクト
6. ソフトウェア資産活用の紹介
 ・プラットフォーム化
 ・プロダクトライン開発
7. まとめ
 ・アーキテクチャの再構築
場所 オープン:弊社セミナールーム(新横浜)
オンサイト:ご指定の場所
リモート:Teams
定員 12名
時間 2日間コース
6時間/1日
(オープンセミナーの場合は新横浜開催 10:00~17:00 大阪梅田開催 9:30~16:30)